『出現する未来』が『必須ビジネス書100冊』に!

|
出現する未来.pngのサムネール画像のサムネール画像こんにちは、からまるです。

朝日新聞出版さんから、ムック形式の新刊『今日から即使える 知らないと恥をかく必須ビジネス書100冊』(なんか少し懐かしい感じのタイトルですね)が送られてきました。ドラッカー、ポーター、コトラーらの古典定番から『ストーリーとしての競争戦略』『イシューからはじめよ』までの納得感のあるセレクション+「えっ!!?」がいくつか、という構成です。著者はビジネスライターとして著名な中野明さんとあって、さすがにビジネス書のことが網羅的に勉強できる内容になっていますね。

どうしてからまるのところに送ってくださったかというと、ここにからまるが編集した本が1冊、入っているからなんです。2006年の5月に出した『出現する未来』で、この『必須ビジネス書100冊』にも入っている『学習する組織』のピーター・センゲさん、『U理論』のオットー・シャーマーさんらが自由に議論を戦わせている本なのです(扱いのスペースは三分の一ページ程度なんですがw)。

たぶん、この100冊の中ではもっとも変わり種だと思います。よくぞ選んでいただきました。どうもありがとうございます!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年11月 7日 17:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本郵政職員の方から寄せられた『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』の感想を齋藤現社長はどう聞く?」です。

次のブログ記事は「『ザ・ラストバンカー』またもからまる感涙の書評が」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4