『アメリカ秘密公電漏洩事件』の原田武夫さんが毎日新聞本日夕刊にでっかく登場!

|
こんにちは、からまるです。アメリカ秘密公電オビ付き表紙.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

ついさっき編集部に配布されたばかりの毎日新聞の夕刊3面に、『アメリカ秘密公電漏洩事件』の著者、原田武夫さんの写真がかなり大きく出ています。「おお!」と思わず編集部の同僚に言うほどのインパクト。しかもカラーなのです。

内容は、『アメリカ秘密公電漏洩事件 ウィキリークスという対日最終戦争』のエッセンスがわかりやすく示された著者インタビューです。その上で、

「ウィキリークス側に(アメリカ秘密公電が)渡った時点で既に取捨選択が行われていたのではないか。(中略)私は来年の米大統領選挙を前に存在感を示そうとした軍の関与を疑っています」

と。インタビューした岸俊光記者は、

「公電を漏らしたとされる米兵を隔離する国防総省のやり方などには疑問が多い。米国の自作自演という結論は一定の説得力がある」

と結んでいます。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年12月 6日 17:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝日新聞で逢坂剛さんが『司法記者』を書評!」です。

次のブログ記事は「本日はもう一ネタ! 『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』書評が「週刊エコノミスト」に!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4