「こんな素敵な企画、誰が思いついたんだろう」と土井英司さんが佐々木毅さん『学ぶとはどういうことか』をBBMで!

|
こんにちは、からまるです。

学ぶとはどういうことか.jpgのサムネール画像
佐々木毅さんの『学ぶとはどういうことか』発売日の今日、アルファブロガー土井英司さんが「ビジネスブックマラソン」でこの本を取り上げてくださいました! うれし過ぎる!! どうもありがとうございます<(_ _)>

その一部をご紹介しますね。


「「一生のうちに、人生を変えるほどの一冊に出会えなかったとしたら、それはあまりに寂しい」
これは、土井が佐々木さんにお会いした時聞いた、本人の言葉(うろ覚え)ですが、佐々木さんにとって、その一冊とは、マキャヴェリの『君主論』でした。
佐々木さんは、この『君主論』に心を打たれ、政治学者への道を歩むことになったそうです。
本日ご紹介する一冊は、自身、学びのプロであり、東京大学、学習院大学では生徒をも学問の道へといざなった、佐々木毅さんによる「学び」考。
これがおもしろくないわけがありません。(中略)
福澤諭吉の名著『学問のすゝめ』や『文明論之概略』、古代ギリシャの哲学者たち、現代政治思想などのエッセンスが効いていて、「これぞ教養」と呼べる内容です。
学ぶことの本質、われわれが陥りやすい罠、挑戦すること、知的態度を持つことの大切さなど、これからも学び続ける人なら、一生使える知恵が詰まっています


この引用の中略部分では、「こんな素敵な企画、誰が思いついたんだろう」とまで書いていただきました。おかげさまで、今日はアマゾンランキングがもっとも高いところで170位まで上昇。じつに幸先のいいスタートを切ったのでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年3月23日 17:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「勉強」で人生終わっちゃ、つまんないじゃないですか。佐々木毅さん『学ぶとはどういうことか』」です。

次のブログ記事は「本日もう一ネタ! 『サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件』を3月29日に緊急発売!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4