「穏やかで控えめな物腰の男でしたが、彼こそが菊川を倒したのです」

|
こんにちは、からまるです。

オリンパス元社長マイケル・ウッドフォードさんの『解任』が書店さんの店頭にどーんと積まれています。山口義正さんの『サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件』の数倍の初版部数なので、ちょっとジェラってその光景を見ていました。

早速、読みましたよ。事実関係の説明としては山口さんの本に書いてあるものと変わらないのですが、さすがに当事者しか知り得ない記述が多く、当事者本としての面白さにあふれています。その166ページに山口さんが登場します。山口さんを紹介して曰く、


「穏やかで控えめな物腰の男でしたが、彼こそが菊川を倒したのです」


これは最大の讃辞と言っていいのではないでしょうか。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年4月13日 15:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日ももう一ネタ!福島泰樹さんが千葉望さん『共に在りて 陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日』の書評を!」です。

次のブログ記事は「日本外国特派員協会「オリンパス・パネル」に山口義正さんがパネラーとして出演!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4