なぜこんなことに? 野村ホールディングスの株主提案とその理由が爆笑ものだらけの件!

|
こんにちは、からまるです。

山口義正さんの『サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件』のもう一人の主人公とも言える野村證券。親会社の野村ホールディングスの株主総会が6月27日に東京のホテルオークラ宴会場で行われるのですが、その日に諮られる予定の株主提案の議案が、かなり爆笑ものなのです。毎期毎期、そうなんでしょうか。あるいは業績や野村OBのことがいろいろと取り沙汰されて以降のことなのでしょうか。たとえば、こんなのものが(引用ママではありません)。。

第3号議案「略称をYHDと表記し、営業マンが自己紹介する場合は必ず「野菜、ヘルシー、ダイエットと覚えて下さい」と前置きするよう、定款に定める」

同じ提案者なのか、商号を「野菜ホールディングス」に変えろという議案も出されたそうです。変更理由は、「社を挙げた意識改革」のためだとか。

こんなのもあります。

第12号議案・日常の基本動作の見直しについて。「オフィス内の便器をすべて和式とする」。

提案理由は、「貴社はいまが「ふんばりどき」。和式便器に毎日またがり、下半身のねばりを強化すれば、必ず破綻は回避できる」というのです。

第13号議案は、「取締役の社内での呼称は「クリスタル役」とし、代表取締役社長は代表クリスタル役社長と呼ぶ」。その理由は、取締役がいい加減なので、その呼び方もいい加減なもので済ませることとするのだそうです。

ほかにも書ききれないというか、いちいち書き出すのがバカバカしくなるような提案が第2号から19号議案までずらりと並びます。株主の皆さんがオモチャにしているんでしょうか。あるいは株価低迷に対する経営陣への嫌がらせ? 会社のほうも大人げなく、「原文のまま掲載しております」とわざわざ注記して、誤記までそのまま掲載しています。

この議案を総会当日、一つ一つ読み上げるとしたら、爆笑と失笑が混じる、かなりシュールな現場になるでしょうね。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年6月 4日 15:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山口義正さん『サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件』講談社ノンフィクション賞最終候補にノミネート!」です。

次のブログ記事は「『グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる』の表紙はこんな感じ&朝日新聞のコラムに共感!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4