日本のハイテク企業はどうなってしまうのか!?

|
こんにちは、からまるです。

最近、ハイテク技術を大量に持っているはずの日本のハイテク企業でいいニュースをあまり聞きません。6月4日の株式市場で、パナソニックが1975年以来の500円割れ、ソニーが1980年以来の1000円割れにまで株価が下落したことがニュースになりました。1970年代後半並みの株価なんて、とても信じられません。

そういう背景があってか、新たに進めている秘蔵の企画には、このあたり周辺のものが複数あるんです。日本企業がずっとこんな体たらくであるはずがない。いま問題があるのなら、その問題をきちんと直視してこそ、復活があるはず。そういう大復活の後押しをしたいと思いますね。

ここ1年半くらい、出版業界ではビジネス書の売上が他ジャンルの本にくらべてかなり落ちていることが話題になっています。有名企業にいいニュースがないと、どうしてもビジネス書の企画に元気が出ない。19日発売の倉本由香利さん『グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる』は、世界を飛び回って活躍している日本の企業人に対する応援歌です。この本を突破口にしたいと思っています。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年6月 7日 13:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「野菜ホールディングス」波紋広がる。」です。

次のブログ記事は「恵比寿の有隣堂さんで『サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件』のちょっと変わったディスプレイを発見!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4