「デモ後のビールはうまい!」と口悪後輩。

|
こんにちは、からまるです。

連日、暑い日が続きますね。先輩にビールをおごらせる口実作りに余念がない口悪後輩が先週、もってきたネタは、意外や意外、「首相官邸デモに連れて行ってくださいよ」だったのでした。

「毎週金曜に官邸や国会周辺に数万人も集まっているデモのこと? 珍しいこと言うね」

「何言ってるんすか。今この盛り上がりを見に行かなくて、いつ行くんすか。政府はどうしたとえらそうなことをいつも言ってるくせに行動が伴わないところが先輩のダメなとこなんすよ」

むか。

まあしかし、進行中の某企画の参考になることは確かなので、付き合うか。という次第で、先週13日、国会図書館で調べ物があったついでに図書館閉館時間の19時に口悪後輩と待ち合わせてデモを見に行ったのです。

国会前脱原発デモ.jpg
主催者のボランティアが整然と行う誘導に従って歩くと、いつの間にか国会正門前へ。ちゃんと写っていませんが、写真奥には国会議事堂がそびえ立っているのです。「サイカドー、ハンタイ」と皆さん、国会に向けて口々にシュプレヒコールを上げています。が、車道への立ち入りは写真のように警官隊が一切阻止していて、皆さん歩道に並んでいます。超ノンポリで過去にメーデーなど一度も出たことがないからまるにとって、デモ自体が新鮮な光景でありましたが、皆さん組合に動員されたわけではなく、本当に自主的に集まっているのが印象的。「消費税反対」ならこういうことにはならなかったでしょう。原発再稼働問題は、これまで反原発市民活動とは無縁であった人々をも抗議行動に駆り立てる未知の構造があるのだと思いました。

デモは20時に終了し、参加者は三々五々に解散していきます。気温と熱気のせいで、喉がカラカラです。これは口悪後輩ならずとも一刻も早くビールを飲まずにいられません。飛び込んだ居酒屋でまずビール。

「このデモにはどういう構造があるんだろうね」

「は? なんすか。そんなことよりデモ後のビールはうまいっすね!!」

...たしかにね...。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年7月19日 13:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる』の倉本由香利さんが今日発売の「週刊東洋経済」に登場!」です。

次のブログ記事は「ニコライ・モロゾフ&高橋大輔コンビ復活!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4