『サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件』は残念ながら講談社ノンフィクション賞を逸す!

|
サムライと愚か者.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像こんにちは、からまるです。

講談社ノンフィクション賞最終ノミネート5作の中に残った山口義正さんの『サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件』は残念ながら受賞を逸する結果となりました。もし受賞が叶えば雑誌ジャーナリズム大賞との二冠ということになったのですが、ホントに残念残念。山口さんと新宿のホテルのラウンジで賞の結果待ちをしていたのですが、からまるが受けた電話は吉報ではありませんでした。

その後は居酒屋で残念会。捲土重来を期すという心境でありました。ときどき直木賞や芥川賞の受賞者が、数度目の候補となった今回こそはと思っていた、というコメントを出すことがありますが、その心境が少しわかった気がします。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年7月23日 15:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコライ・モロゾフ&高橋大輔コンビ復活!」です。

次のブログ記事は「「TOP POINT」8月号に倉本由香利さん『グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる』が紹介。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4