『四〇〇万企業が哭いている ドキュメント検察が中小企業を踏み潰した日』の事件の控訴審判決が9月26日に東京高裁で!

|
こんにちは、からまるです。

石塚健司さんの『四〇〇万企業が哭いている ドキュメント検察が会社を踏み潰した日』実名で登場していただいているコンサルタントの佐藤真言さんのご友人で、ロックバンド「the JUMPS」のボーカルでもあるという異色弁護士の島昭宏さんが、ブログでこの本を紹介してくれました。

「この本は、ドキュメンタリーではあるんだけど、そんじょそこらの小説にはとても太刀打ちできないドラマ性と怒り、感動がある」

と評価してくださいました。どうもありがとうございます<(_ _)>

そのブログにも書いてありますように、佐藤さんの控訴審判決が9月26日の15時から東京高裁で予定されています。この本が裁判官の心証にどんな変化を与えられているのか、しっかり見ないといけないだろうなと思っています。

     *     *

明日は終日、ドタバタですので日記はお休み。また明後日!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年9月18日 20:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「紀伊国屋書店大手町店さんにおける『グローバル・エリートの時代』の位置付けが微妙な件。」です。

次のブログ記事は「『四〇〇万企業が哭いている ドキュメント検察が会社を踏み潰した日』を江川紹子さんがツイッターで紹介してくれました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4