『四〇〇万企業が哭いている』がきっかけで生まれた支援する会に支援金361万円!

|
こんにちは、からまるです。

石塚健司さんの『四〇〇万企業が哭いている ドキュメント検察が会社を踏み潰した日』がきっかけになって生まれた「朝倉亨さんを支援する会」に寄せられた支援金が、締め切りの11月5日現在で、187人からの361万2013円に達したそうです。本当に大変な額になりました。嘆願書は合計436通になったそうです。

この支援金を供託し、その供託書と嘆願書を証拠として今日、裁判所に渡し、明日の控訴審判決の成りゆきを見て弁論再開を申し立てると、石塚さんがおっしゃっていました。

明日の判決は高等裁判所で午後3時から410号法廷で行われます。もちろん、からまるも行きます。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年11月 6日 18:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「週刊エコノミスト」で新藤宗幸さんが『四〇〇万企業が哭いている』を書評してくださいました!」です。

次のブログ記事は「朝倉亨さんの控訴審は弁論再開が決まる異例の展開に!支援金と嘆願書が裁判の流れを変えるかも。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4