からまる担当本が出ない間、同僚たちは合計35冊もの本を出版!

|
こんにちは、からまるです。

本当なら某企画は、今日には書店さんに並んでいたはず。それなのに世間の風は無情です。総選挙の日程によって進行はがたがたに崩壊し、いまだに見通しが立っていないのです。

そして、その間、編集部の同僚たちは、からまるが9月に石塚健司さんの『四〇〇万企業が哭いている』を出してから今日まで、合計でなんと35冊もの本を出しているのです。どう見てもからまるはサボり過ぎですよねー( ̄□ ̄;)

今年はもう本が出る予定がなく、あとは来年ですね。来年はどかっと。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年12月11日 14:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「株に勝つ「悪の投資学」はできないかな?」です。

次のブログ記事は「倉本由香利さん『グローバル・エリートの時代』が少し動いているのは、あの『採用基準』の連想?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4