他社ながらアッパレな本『採用基準』

|
こんにちは、からまるです。

先日のエントリで書いたように、マッキンゼーの採用担当を長く務められた伊賀泰代さんの『採用基準 地頭より論理的思考力より大切なもの』(ダイヤモンド社刊)が面白いです。

サブタイトルにある「地頭より論理的思考力よりも大切なもの」が、この本で著者が説き続けるリーダーシップです。いま世界中で最も求められているのは、倉本由香利さんが『グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる』で書いているように、さまざまに異なる国籍・言語・文化に所属する人々から構成されるグローバルな組織でリーダーシップを取れる人間だという点は、本書も共通しています(というより現在のグローバル組織の常識なのでしょう)。倉本さんはそれを「グローバル・エリート」と定義しましたが、一般には伊賀さんが書いているように「グローバル・リーダー」と呼ばれます。

世界中のグローバル・リーダーが当然持っているのに、グローバル・リーダーになることを期待されている日本人に欠如しているのがリーダーシップだと、伊賀さんは言います。それは本人の問題だけでなく、リーダーシップというものをきちんと定義し、トレーニングしない日本的組織の体質の問題であるとも指摘しています。

チームとして大きな結果を出すために、チーム全員がリーダーシップを発揮して、自分のできる分野で貢献する。そのためには上司の発案であっても、他部署の担当分野であっても、遠慮なく意見を言う。それが本来のリーダーシップなのに、日本的組織では皆、そういう場面で黙って下を向いてしまう。このような体質が土壌となって、会社や政治に限らず、リーダーシップとはトップ一人が取るもので、その他の人々は「お手並み拝見」という態度でよしとするようになった日本的組織の弊害を、伊賀さんは激しく非難し、「日本全体にリーダーシップの総量が足りない」と書いています(p180-181)。この部分はからまるも目を見開かれる思いがしましたね。

以前、アッパレ本として取り上げた岩田松雄さんの『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』が、「リーダーになろうとするのではなく、まわりに推されてリーダーになる。私はこれが、理想のリーダーの姿だと思っています」(p4)とするのとはまったく対照的に、リーダーには自分からなるものだとするところに、同じリーダーシップを語っても見解がずいぶん違うものだなと思います。

こまで日本の組織はバカではないよ、という個別の反対ケースはあるでしょうが、ひじょうにリアリティのあるリーダーシップ論だと思いました。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年12月14日 16:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日お休み!」です。

次のブログ記事は「悪夢のような総選挙結果。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4