安倍昭恵さんがオーナーのお店メニューに「祝島ひじき」が!

|
こんにちは、からまるです。

飲み食い話はNGと決めているこの日記ですが、今回はその禁を犯して昨晩呑んだ居酒屋の話題を取り上げます。さるジャーナリストの方と打ち上げで行ったのは、千代田区内神田、神田橋交差点のすぐそばにある「UZU」です。あの安倍昭恵さんがオーナーを務めるとあって、この秋のオープン以来、週刊誌などでたびたび紹介されたお店です。話のタネにと思って二人で訪ねたのでした。

ここは山口料理のお店で、山口の日本酒が何種類も置いてあります。それをリストの片っ端から呑んでいき、山口名産の素材を余計な手を加えない料理法で仕上げたおつまみをいただきます。

メニューの中で何と言って目を引くのは「祝島産ひじきの煮付け」ですね。祝島といえば、中国電力が1982年、山口県上関町に建設する計画を発表した上関原子力発電所から4キロの位置にある島で、計画発表以来30年近く住民が反対運動を続けてきたことで著名です。この島の名産品の一つが干ひじきで、住民の活動を記録したドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(2010年、鎌仲ひとみ監督)でも島に住む若い男性がひじきを取っている印象的な場面が出てきます。反原発活動とダブって見えるのが、このひじきなんです。

安倍晋三さんが超多忙な今(じつは、からまるはこの直前、ある自民党代議士の方のパーティーで安倍晋三さんの祝辞を聞いていたのです)、まさか昭恵さんはいらっしゃらないだろうと思っていたのですが、深夜になってお店に現れました。からまるは早速、挨拶をして、「祝島のひじきがあるんですね」と問いかけると、昭恵さんは、「これはメッセージなんです」と言っておられましたね。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年12月19日 14:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「他社ながらアッパレな本『督促OL修行日記』」です。

次のブログ記事は「お知り合い本ご紹介『100の結果を引き寄せる1%アクション』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4