安倍晋三さんのことを知るなら野上忠興さんの『ドキュメント安倍晋三』を。ただし絶版中(ー'`ー;)

|
こんにちは、からまるです。

今日、安倍晋三さんが第96代総理大臣に指名されました。今これを書いているあいだに新閣僚がぞくぞくと官邸に呼ばれているのだと思います。二度目の安倍内閣なので、これは第2次安倍内閣と呼称されるようですね。2006年9月にできた最初の安倍内閣のことを第1次安倍内閣と呼称する動きもあるようです。

ドキュメント安倍晋三.png
じつは、この第1次安倍内閣ができる直前の2006年8月、からまるは、安倍さんが総理大臣になるまでの軌跡を安倍さんをよく知る政治ジャーナリスト・野上忠興さんが追ったルポルタージュ『ドキュメント安倍晋三 隠れた素顔を追う』を出しているんです。

当時、小泉総理が自らの後継者を安倍さんにしようと考えていることは自明でしたから、取材は実際に安倍さんが総理に指名されるよりもかなり早い段階から始めました。安倍さんを支持する政治家の方に何人も議員会館で野上さんといっしょにお会いしましたね。そのうち3人は今回の第2次安倍内閣で入閣しています。本当はお名前を出したいんですが、取材上知り得たことが多く(それはそれですごく面白かった!)、残念ながらここでは書けませんが、ある人は自分が安倍さんの側近として動いていることをシレッと完全否定していました。なるほど、その口の堅さのために安倍さんからの信頼を今なお維持しているのだなと、今回の閣僚名簿を眺めて、つくづく思いました。

緊急出版だったので、取材が終わった野上さんには異常な短期間のうちに書いていただきました。最後の追い込みでは、会社から程近い早稲田のリーガロイヤルホテル東京のジュニアスイートルームに3日間ほど缶詰になってもらいました。今となっては懐かしい思い出ですねー。

その『ドキュメント安倍晋三』は残念ですが今は絶版となっています。ただ安倍さん関連本としての注目は今でもあり、TBS系情報番組「ひるおび!」の方から昨日、本からの引用許諾願いの電話がありました(今日それが放送されたかどうかは未確認)。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2012年12月26日 18:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「からまる史上最速時期の年賀状書きだったものの喪中の方に二人も送ってしまった(ー'`ー;)」です。

次のブログ記事は「仙谷由人さん『エネルギー・原子力大転換 電力会社、官僚、反原発派との交渉秘録』刊行へ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4