デリーのホテルで『スーラジ ザ・ライジングスター』を見た。

|
こんにちは、からまるです。

今週水曜日まで仕事仲間といっしょにインドのデリーに行ってきました。純粋に観光目的だったのですが、同行者やコーディネーターさんの計らいでデリーの出版社やスラムに住む家庭の取材もしてきました。

ライジングスター.JPG
出発は先週の土曜日。当日の夕方に空港に着き、日曜日から活動開始しました。日曜の朝10時といえば、1月から始まり、すでに各メディアで大きな話題になっている「巨人の星」インド版アニメ「スーラジ ザ・ライジングスター」の放送があるのです。ホテルの部屋でしっかり見ましたよ。Colorsという放送局がやっていて、スポンサーには鈴木自動車の現地子会社であるマルチ・スズキさんや全日空さん、コクヨさんがついてくださっています。

写真はそのときの1シーンをテレビ画面に向かって撮ったもの。主人公スーラジがある勝負で奮闘している顔のアップです。言語がヒンディー語なのでストーリー内容はからまるにはさっぱりわからないのですが、しかしやはり原作が「巨人の星」で、アニメは世界共通言語のようなものなので、何を描こうとしているのかくらいはわかりますね。

「スーラジ ザ・ライジングスター」のチーフ・プロデューサーは講談社の古賀義章さんで、このプロジェクト誕生の経緯を自ら書いた『飛雄馬、インドの星になれ!』が、からまるがいる編集部から先日、発売されました。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年2月 1日 19:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「毎週毎週、仙谷由人さんの部屋で取材を重ねて。」です。

次のブログ記事は「他社ながらアッパレな本『なぜ日本経済は世界最強と言われるのか』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4