苫米地英人さんの『本当はすごい私』8刷決定!

|
こんにちは、からまるです。

214648-2.gifのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
先月お伝えしたように、山崎拓巳さんがブログで取り上げてくださったことがきっかけになったらしくて書店さんからの注文が増えたため、2008年8月に刊行した苫米地英人さんの『本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード』の8刷が決まりました。めでたい!

アマゾンのレビューに素晴らしい文章が載っていました。「このはなさくや」さんの2012年3月10日のレビューの一部を引用させていただきます。

「とかく変人でキワモノ扱いされる苫米地英人博士だが、やっぱ、この人すごいわと思う。ちまたで言い古されている「現在は過去の蓄積の結果である」から、「現在は自分が選択した未来の結果である」という思考の転換からはじまり、その思考の転換の結果として「あのときああしておけばよかった、こうしておけばよかった。」という後悔だらけの視点、あるいは、「なんでわたしがこんな目にあわなければならないんだろう?」という現在起きていることの不平不満だらけの視点から、「最善の未来にたどりつく過程としての現在」として今体験している現在、現在の自分自身がベストであると全肯定してまるごと受容できるという「へぇぇぇ~、なるほど!!」な体験が出来るわけである。」

まさに。からまるもこれには激しく同意します。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年2月14日 13:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出版プロデュース会社の挑戦」です。

次のブログ記事は「他社ながらアッパレな本『七つの会議』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4