ビジネス書大賞2013の結果。

|
こんにちは、からまるです。

先週末の続きは明日にして、今日はニュースのネタを。2013年のビジネス書大賞が27日に発表されました。受賞作は、

大賞:リンダ・グラットン『ワーク・シフト』プレジデント社
優秀翻訳ビジネス書賞:ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』大和書房
書店賞:河野英太郎『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』ディスカヴァー・トゥエンティワン
新人賞:伊賀泰代『採用基準』ダイヤモンド社

ということで、先月に書いたように、からまるがこの日記で「アッパレ本」として取り上げて投票した3冊のうち2冊(ワーク・シフト、採用基準)が入賞するという、アタリのいい結果となりました。著者、翻訳者、担当編集者の方々、みなさん本当におめでとうございました!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年4月30日 15:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「観光地ではなく、生活感あふれる都市としてのホーチミン。」です。

次のブログ記事は「岡村聡さん『中国・インドの次に来る大チャンス 新興アジアでお金持ち』の表紙がこんな感じになったのは。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4