佐々木毅さん+21世紀臨調編著『平成デモクラシー』誕生の元は1993年にまで遡る――

|
こんにちは、からまるです。

昨日のエントリの続き、佐々木毅さん+21世紀臨調編著『平成デモクラシー 政治改革25年の歴史』誕生までの思い出です。

からまるは佐々木毅さんとは1990年9月からお付き合いさせていただいています。その最初の成果が、1991年10月に刊行した『政治に何ができるか』でした。日本政治の本であるにもかかわらず世界情勢分析から入る構成にしたことからわかるように、冷戦後の大激動の中で一人取り残された日本に対する強い危機感が滲み出た本でした。昨日も書いたように、政界スキャンダルが常態化し、さらに1990年から1991年にかけて金融界を揺るがした住銀・イトマン事件のような、バブル崩壊とともにカネが尽きたバブル紳士たちの事件がたくさん起きたのもこの頃です。

『政治に何ができるか』ができてしばらく経った頃、当時、佐々木さんとよくお会いしていた東京大学法学部の研究室で、雑談のような打ち合わせのような会話の最中、佐々木さんからある人に会ってほしいと言われました。その人が、21世紀臨調の前身である民間政治臨調の事務局長だった、前田和敬さんでした。『平成デモクラシー』の第二部「21世紀臨調の軌跡」を執筆しています。

その前田さんに初めてお会いしたのが、いまから20年前、1993年の1月のことでした。からまると同じくらいの年格好の若い人でしたね。しかし、そのときのからまるは、この人物こそ、これ以降の政治を動かすキーマン中のキーマンになるなどとは、まったく予想すらしていなかったのでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年5月17日 14:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「佐々木毅さん+21世紀臨調編著『平成デモクラシー 政治改革25年の歴史』明日発売!」です。

次のブログ記事は「佐々木毅さん+21世紀臨調編著『平成デモクラシー』第二部に書けなかったこともある。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4