あのジョゼ・モウリーニョ監督に自伝執筆情報が!

|
こんにちは、からまるです。

このブログに「クリスティアーノ・ロナウド」を検索して訪れてくださる方がけっこう多いのです。クリスティアーノ・ロナウドとはむろん、現代サッカーのスーパースター。以前はブラジル代表のロナウド選手がいたので、区別するためにみなさん「クリスティアーノ」とわざわざ付けていましたが、今はもう「ロナウド」といえばこの人になりましたよね。

MOMENTS_CV.jpgのサムネール画像のサムネール画像
どうして皆さんが「ロナウド」で検索してこの日記にたどりつくかというと、むかし、ロナウド選手のフォトエッセイ『MOMENTS』という本をからまるの後輩が出していたことを、何度か写真付きでご紹介したからです。その頃はまだマンチェスター・ユナイテッドの選手でした。いまはレアル・マドリードになくてはならない選手です。

さて、そのマドリーのジョゼ・モウリーニョ監督について、さる信頼すべき筋によると、本格的な自伝の執筆に入るという情報があるようです。それを聞いたのは、チャンピオンズリーグの準決勝ファーストレグの直前でした。この試合でマドリーはドイツの雄、ボルシア・ドルトムントに大敗してしまいました。

しかし、そのままマドリーが敗れてしまうと思った人はそう多くはなかったと思います。実際、セカンドレグでは後半にあと1点で逆転できるところまで追いつき、モウリーニョ伝説に新たな1ページを加えるのか?と思わせましたが、結局は準決勝敗退という結果になってしまいました。こうした結果から言えることかもしれませんが、スター軍団を束ねることに定評があるモウリーニョ監督が、マドリーの中心であるイケル・カシージャス選手と確執を起こすなんて、ちょっと信じられない気がします。

25日のチャンピオンズリーグ決勝、バイエルン・ミュンヘン対ボルシア・ドルトムント戦は新たなドラマを生みました。来季のサッカーでも、また信じられないようなドラマがたくさん生まれそうですね。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年5月27日 22:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「日本株だけで満足ですか?」」です。

次のブログ記事は「仕事中にすぐ隣にある首都高護国寺ランプで大事故発生。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4