富裕層や優秀な人材の流出はなぜ起こっているのか?『新興アジアでお金持ち』の岡村聡さんが「ビジネス・ジャーナル」に寄稿!

|
こんにちは、からまるです。

『中国・インドの次に来る大チャンス 新興アジアでお金持ち』の岡村聡さんが、サイゾーが運営するウェブサイト「ビジネス・ジャーナル」に寄稿しています。

「東南アジアに移住する日本人が増えている。国力低下につながる、富裕層や優秀な人材の流出は、なぜ起こっているのか? そして、移住先にはどんな魅力があるのか?  5月に『中国・インドの次に来る大チャンス 新興アジアでお金持ち』(講談社)を上梓した岡村聡氏に解説してもらった」という、ビジネス・ジャーナルの編集者さんがつけてくれたリードに続いて、「アジア移住人気のワケ 起業や節税、高水準な教育求める母子留学、親の介護も安価...」というタイトルの内容を綴っています。

この記事とリードを読んで、本書の最初の企画段階では、「日本人はなぜ東南アジアをめざすのか?」というタイトルイメージだったことを思い出しました。

生活費や介護費用が安く税制優遇があるといった理由だけでなく、日本社会を覆う閉塞感から、活躍の場を新興アジアに求める人たちが多いことに岡村さんが着目し、からまるの身近なところにもシンガポールでビジネスをする人を増えていることから考えた企画でした。

安倍政権になって、その閉塞感は一時、晴れたような気分が蔓延しています。でも、はたしてそうでしょうか。株や不動産を持つ裕福な中年世代以上の人たちはその恩恵に与っているようですが、株高→日本経済の復活という期待トレンドをどこか信用していない。ましてや本書が対象にしている若い世代にとっては、その閉塞感の原因が取り払われるとは信じていないように思います。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年6月 3日 19:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「岡村聡さん『新興アジアでお金持ち』発売2週間、順調な売れ行きです。」です。

次のブログ記事は「民主党政権「失敗の本質」は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4