『まだ若手社員といわれるうちに知っておきたい「会社の数字」』アマゾンランキング1位!ただし「会計・会計学入門」カテゴリーで<(_ _)>

|
こんにちは、からまるです。

会社の数字オビ付き.JPGのサムネール画像
伊達敦さんの『まだ若手社員といわれるうちに知っておきたい「会社の数字」』が7月9日午後5時20分、アマゾンランキングで1位になりましたヽ(^。^)丿ただし、「会計・会計学入門」というカテゴリーでの出来事です<(_ _)>

アマゾンさんは本をさまざまなカテゴリーに分類し、そのカテゴリーの中でもランキングをつけています。ただし、自動的に割り振られたカテゴリーが、出版社や著者さんの狙いと違うこともあります。本書も当初は「投資・金融・会社経営」という大きなジャンルの中に割り振られ、そのジャンルのランキングしか表示されていませんでした。会計の本なのに投資や金融ではないよな、と思い、社内の担当者を通じてアマゾンさんに、まずは「ビジネス・経済」というジャンルへの変更をお願いし、しかも畏れ多くも「ビジネス・経済」内の「経理・アカウンティング」に、さらにその中に「会計・会計学入門」というカテゴリーがあることに目を付けて、そこに割り振ってください<(_ _)>とリクエストしたのです。

ありがたいことに素早く対応いただき、最初に書いたように、ニッチなカテゴリーではありますが、1位となりました。何であれ1位は1位。ご購入いただきました皆さん、どうもありがとうございました<(_ _)>

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年7月10日 14:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「他社ながらアッパレな本『不格好経営 チームDeNAの挑戦』」です。

次のブログ記事は「『まだ若手社員といわれるうちに知っておきたい「会社の数字」』の宣伝が日本経済新聞に!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4