「あの時やっておけばよかった」と思い悩んでいませんか?

|
こんにちは、からまるです。

今日はまた新企画本の初校戻しをしています。タイトルがすごいんです。

「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?

みなさんも、今まで一度くらいは思ったことがありませんか。「あの時やっておけばよかった」と。

この「あの時やっておけばよかった」という語句でグーグル検索してみると、けっこうたくさん出てきますね。「あの時やっておけばよかった」と後悔していることを募集する掲示板とか、ブログとか。たぶん、誰もが、何かしら後悔していることがあるという証拠だと思います。

かく言う、からまるにもありますね。ここで赤裸々に書くのは、ちょっとはばかられるようなことですが、中学生のあの時、告白しておけばよかったな、とか( ̄□ ̄;)、そんな甘酸っぱい思い出系ですね。

もちろん、もっと重大なことで「あの時やっておけばよかった」と思うこともあります。「原因と結果の法則」と言われますが、今の自分という存在や属性は、やったこと、やらなかったことの両方が原因となった結果です。そう考えると、「あの時やっておけばよかった」ことをやっていれば、今の自分とはちがう自分に、もちろんもっと素晴らしい自分になっていたかもしれない。そういう思いが、つい「あの時やっておけばよかった」という後悔になって、「なんだかなァ」(C柳沢きみおさん)なんてつぶやかせるのかもしれません(ヒュウウ)。

そんなこといつまで言うんだ?というタイトル。それはつまり、そんなことを言わない生き方ができるというタイトルでもあります。そのためには、原因のほうを変えるしかありません。では、どうすれば?

この企画は、いろいろな面で新しい試みをしています。その一つ一つを追々、ここで書いていきますので、お楽しみに。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年7月17日 15:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長谷川慶太郎さんの『これまでの百年、これからの百年』復刊!」です。

次のブログ記事は「『「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』の振り切った設定。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4