石塚健司さん『四〇〇万企業が哭いている ドキュメント検察が会社を踏み潰した日』が講談社ノンフィクション賞最終候補にノミネート!

|
こんにちは、からまるです。

四〇〇万企業低解像度.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
うっかりご報告が遅れてしまいましたが、昨年9月に刊行した石塚健司さんの『四〇〇万企業が哭いている ドキュメント検察が会社を踏み潰した日』が講談社ノンフィクション賞最終候補にノミネートされています! 雑誌「G2」のウェブサイトが7月15日に発表していました。

今年もからまるは社内の下読み委員を務めましたので、5月まで全4回にわたって行われた社内選考会議では内心ハラハラし通しでした。最終選考に残って本当によかったと思っています。

最終選考会は7月30日です。さてどんな結果になるでしょうか。じつは、からまるは昨年も山口義正さんの『サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件』が最終選考に残ったので、2年連続なのです。あのときは残念な結果でしたが、今度こそ!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年7月19日 17:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』の振り切った設定。」です。

次のブログ記事は「二大政党制ははるか遠くになりにけり。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4