『「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』と、ちょーすいてみる。

|
こんにちは、からまるです。

先週、タイトルをご紹介した『あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』の少し変わった試みについて。

これはまあ変わった試みとまでは言わないかもしれませんが、小説の舞台を岐阜市や名古屋市にしているのです。金山駅前や長良川がとても印象的な使われ方をしています。ライトノベルだと、あんまり地方性を出したりはしないものだと思います。実際、こういう分野に強い人にあらかじめ読んでもらったのですが、その点は指摘されました。東京のほうがメジャーで、みんな知っていていいじゃないか、と。

でも、著者が岐阜や名古屋と切っても切れない関係にある人なので、彼のなじみの地理を生かすことになりました。それで、せっかくだからNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の「じぇ、じぇ!」のような方言があったら面白いと思ったのですが、岐阜や名古屋で驚くときに使う独特のお国言葉はないそうです(もしどなたか、いや、こういう言い方がある!という情報をお持ちでしたら、お寄せくださるとうれしいです)。

ほかに著者に出してもらったお国言葉で面白かったのは、「ちょーすいとる」です。からまるは「超好いとる」=「大好き」という意味かと思ったのですが、そうではなくて、「調子にのっている」という意味だそうですね。「ちょーすく」とは「生意気・調子づく」なのだそうです。

このように岐阜と名古屋を舞台にすることにこだわった結果、ある意外な展開が可能になりました。これは本当に新しい試みとなりまして、まだ情報解禁できないので、その日までお楽しみに!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年7月24日 17:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「シンガポール初訪問から2年で現地法人設立を決断!」とデカデカと書いてしまったからには裏切れない『新興アジアでお金持ち』の岡村聡さん。」です。

次のブログ記事は「入稿前にたくさんの方々にモニター読者さんになってもらいました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4