「GOMIファンタジスタプロジェクト実行委員長」と「元ヤン経営者」

|
こんにちは、からまるです。

9月刊行予定の『あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』について、さらに先週来のエントリの続きです。

お二人のユニークなプロフィールにストーリー性がある、というお話をしたのですが、パブリシティのためには、それを短い一言で表現しないといけません。荒川祐二さんと武藤良英さんのプロフィールの、それぞれどこを取ればいいのだろう?

荒川さんの場合は簡単で、やっぱりゴミ拾い活動を一人で始めて、今年の5月3日には環境省との官民プロジェクトにまで発展させた「GOMIファンタジスタプロジェクト実行委員長」という肩書きが、ここまでの荒川さんのストーリーを象徴していると思います。

では会社経営者である武藤さんのほうはどうしようか。東京ガールズアワーをアジアに開催する活動をしているとか、そういう派手な辣腕経営者ぶりをあれこれとまとめても、読者の方はかえって引いてしまいそうだし。と考えて、「短ラン、ボンタンのヤンキー生活を過ごす」というところにインパクトを感じ、「元ヤン経営者」とすることにしました。なんだかわからないけれど、何か起こりそうな感じがしませんか?

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年8月 5日 14:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無名であろうと、どんな人でも世に出るに値するストーリーを持っている。」です。

次のブログ記事は「TEDトークのプレゼン術は、ノンフィクションの書き方に通じる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4