『「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』の本文ついに校了!

|
こんにちは、からまるです。

先月以来、進捗状況をお伝えしている武藤良英さんと荒川祐二さんの『あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』の本文が、ついに今日、校了となりました!

初顔合わせが昨年の11月中旬で、それ以降の数ヵ月の間に原稿は二転三転していきました。最初に荒川さんが書いた原稿は、いったん全ボツになりましたから、普通なら「やってられるか!」ということになってもおかしくないところ、武藤さんほか制作にかかわったメンバーの熱意と、書くスピードが尋常でなく速い荒川さんの粘りの執筆で、つぎつぎに改稿されていったのです。以前のエントリで書いたように、モニター読者さんの意見に大きな気付きを得て新しい人物を登場させるまでしましたから、転がる石には苔が生えない的に、作り手のほうもいつまでも鮮度を保ったままゴールインした感じです。

昨日から今日にかけての最終校正段階でもなお、パグ取りのような微修正をしました。こうして全員が手数をかけた結果でもありますが、読んでいてじつに感動的な物語が立ち現れたと思いました。その感動シーンもそのうちご紹介します。

発売日は9月12日と決まりました。すでにアマゾンでは予約できるようになっていますので、是非ご覧になってみてください<(_ _)>

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年8月15日 17:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「他社ながらアッパレな本『正しい判断は、最初の3秒で決まる』」です。

次のブログ記事は「『「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』の装画は、うめさん!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4