上阪徹さん『職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法』本文と表紙周りが今日校了!

|
こんにちは、からまるです。

ここのところずっとお伝えしてきた、上阪徹さんの『職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法』が、今日、本文も表紙周りも晴れて校了となりました。よかったよかった。

ブックライター表紙ゲラ.JPG
写真は、カバーと帯、表紙の色校を切って、本の形に折ったものです。ものすごく存在感のあるデザインだと思いませんか? 装幀してくれたのは、寄藤文平さんと杉山健太郎さんです。

寄藤さんは打ち合わせでタイトルを見せたとき、

「このブックライターというのはすごくいい言葉ですね」。

その感想がそのまま形になったように思います。「ブックライター」という言葉が社会的に認知された職業になっている未来が、名刺をイメージするようなデザインに凝縮されています。

     *     *

さて、この『職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法』が校了になると同時に、11月最終週に一挙に出す3冊の本の初校戻しが今日から始まっています。また来週はロングランのミーティングが多いため、来週のこの日記はお休み。11月5日に再開します!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年10月25日 19:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「毎月1冊10万字」というサブタイトル通りの仕事が可能であることを本書執筆そのもので証明してみせた上阪徹さん。」です。

次のブログ記事は「節目の11月到来!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4