上阪徹さん『職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法』発売日に合わせ、都心10書店様に一緒にご挨拶。

|
こんにちは、からまるです。

昨日は上阪徹さん『職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法の発売日。これに合わせて、上阪徹さんといっしょに、上阪さんの前著『成功者3000人の言葉』(飛鳥新社刊)が売れた都心部の書店さんに、刊行のご挨拶をしてきました。

三省堂有楽町店.JPG
伺ったのは、訪問順に、ジュンク堂池袋本店さん、天狼院書店さん、リブロ池袋店さん、丸善丸の内本店さん、三省堂書店有楽町店さん、紀伊國屋書店新宿本店さん、同南店さん、ブックファースト新宿店さん、同渋谷文化村通り店さん、ジュンク堂渋谷店さんです。事前に販売担当者が連絡を取っていたので、無事に売り場主任の方にミニプレゼンをすることができました。上阪さんが簡潔に「本をつくる仕事をしませんか?」と書いたPOPを渡せたお店もあります。

どの書店さんでも上阪さんの名前は浸透していて、とてもいい場所に置いてくださっていました。中でも三省堂有楽町店さんは、写真のように1階新刊コーナーの上のほうの棚に大・大展開していただき、上阪さんも驚愕していました。本当にどうもありがとうございます<(_ _)>

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年11月13日 14:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長谷川幸洋さんの『2020年新聞は生き残れるか』を読むとわかる、すぐれた記者にあって、マスメディア全体にないもの。」です。

次のブログ記事は「本日もう一ネタ! 日経ビジネスオンラインに『職業、ブックライター。』が掲載!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4