古賀茂明さん『原発の倫理学』のオビにも書いた小泉純一郎さんの「原発ゼロ」論の関連書がもうすぐ出るようで。

|
こんにちは、からまるです。

古賀茂明さんの『原発の倫理学』のオビには、小泉純一郎さんが「原発ゼロ」を主張して話題になっている状況を織り込んで、「小泉元首相「原発ゼロ」」というフレーズを入れています。じつは、そのときから、小泉さんが原発ゼロをテーマにした本を出すという情報が出回っていました。

ところが、取次さんに問い合わせても、なかなか版元が割れない。ようやく本が出る直前になって、それは某P社だったようだ、という事実が判明したのですが、なんとその本は出版中止になったというのです。その理由を探ったからまるにもたらされた極秘情報は、じつに大人の事情が絡んでいて、とてもここでは恐くて書けません。

もし本当に小泉さんの本が出るなら、『原発の倫理学』には追い風が吹くと思っていただけに、残念だったのですが、この小泉さんの主張をコラムに紹介したことで火を付けた毎日新聞社の山田孝男さんが、『小泉純一郎の「原発ゼロ」』という本を13日に刊行するようですね(毎日新聞社刊)。山田さんは、小泉さんに取材をしたいきさつを「文藝春秋」先月号に書いていましたから、本はそれを拡大したような内容になるのでしょうか。

純粋な小泉さんの本ではありませんが、それでも追い風になりそうです。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2013年12月11日 18:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『原発の倫理学』を刊行した古賀茂明さんほかで行われた脱原発シンポジウムを聞きに行く。」です。

次のブログ記事は「猪瀬直樹さんの人柄がわかる肉声満載、星野眞三雄さんの『道路独裁』。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4