古賀茂明さんがBS11の「INsideOUT」に生出演!

|
こんにちは、からまるです。

昨日はBS11の報道番組「INsideOUT」に古賀茂明さんが生出演されたので、からまるも竹橋にあるスタジオに行ってきました。『原発の倫理学』の紹介もしていただきました。

この日は、細川護煕さんが東京都知事選に「原発ゼロ」を公約の一つに掲げて出馬検討と朝日新聞朝刊が報じ、他がそれを追いかけて報道するという絶妙のタイミング。番組開始前の控え室では「細川さんが朝日出身だからですかねえ」と臆測が飛びました。番組冒頭はその話題から入りました。

原発のメリットとしてよく挙げられる安定供給、コスト低減、温暖化対策、技術・人材維持の4点について、古賀さんがことごとく反論していきました。現実にいま原発を動かせないという事実が「安定供給」神話を壊しているように、メリットとされた要素が、まるでオセロゲームのようにデメリットにひっくり返っているのが現実ですよね。

また、まもなく閣議決定されるエネルギー基本計画の原発に関する骨子を見ると、安倍総理は年頭会見で「原発の新増設は現在のところまったく想定していない」と発言しながら、計画にはそう書かれていません。「書かれていない」ことに注目するのは、古賀さんの元官僚ならではの着眼点だと思いました。

以上のように要領よく論点構成をする番組制作チームの力もすごいですね。視聴者の方々から送られたご意見メールもちょうだいしました。その中に、古賀さんが番組でも『原発の倫理学』でも、安倍総理は原発ではなく再生可能エネルギーの技術を輸出することで「夢の伝道師」になれると主張していることに賛同いただき、

「夢の伝道師というネーミングは若いエンジニアや研究者のモチペーションを上げると思います」

と感想を寄せてくれた方がいました。本当にその通りだと思います。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年1月10日 12:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「細川護熙さんが「原発ゼロ」で小泉純一郎さんと連携して東京都知事選出馬を検討?俄然盛り上がりそうな『原発の倫理学』」です。

次のブログ記事は「古賀茂明さん『原発の倫理学』のオビに盛り込んだ「小泉・細川連携」がついに実現!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4