「上阪徹のブックライター塾」の三回目は「目次作り」。

|
こんにちは、からまるです。

ブックライター塾第三回.jpg
「上阪徹のブックライター塾」の三回目が4月26日土曜日に行われました。

この回のメイン内容は、「目次作り」でした。皆さん、前々日までに、二回目のゲストに来ていただいた3人の編集者の方々プラス不肖からまるにインタビューした内容から目次を作成し、課題として提出してくれました。からまるもそれらを拝見しました。

人によってこんなに違うのか、と思うほどバラエティがありますね。からまるはインタビュイーでもあったので、その立場からいうと、少し盛ってくれているとうれしいですね。やはり取材を受ける側は、ちゃんと記事になるような話ができたかなと不安に思うもの。ましてや一冊の本となると、なおさらです。だから目次で少し盛ってくれていると「ああ。よかった。けっこういいこと言ってるじゃん」と安心します。これが著者の方の本音なのではなないかと思います。

と同時に、相手の方を信頼します。言い方を替えると「ここまで自分の言いたいことが、どうしてあなたにはわかるの?」。まるで恋愛ですよね(勘違いかもしれないけれど)。こうして信頼されることも、すぐれたブックライターの必要条件だと思います。

第三回での、からまるなりの気付き。取材と目次作りとは何か。先ほどは「盛る」とふざけて書きましたが、ちゃんと言うと、それは「心の声を聞く」こと。相手の心の声(言葉にはできなかったけれど、その人が本当に伝えたいもの)はもちろん、話を聞き、文章を書く人の心の声でもあるのです。一週空けて5月10日に行われる最終回は、いよいよ「文章を書く」がテーマで、文章を書くには何が大事なのか、いよいよ上阪さんから開陳されます。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年4月30日 14:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「文教堂書店浜松町店さん、ごめんなさい!うれしすぎて写真撮らせていただきました。」です。

次のブログ記事は「ビジネス書大賞2014の大賞と総合順位2位は、からまるも投票した、やっぱりあの本でした!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4