ビジネス書大賞2014の大賞と総合順位2位は、からまるも投票した、やっぱりあの本でした!

|
こんにちは、からまるです。

昨日はメーデーでお休みしました。

さて、昨年7月9日のこの日記で、からまる次のようにダンゲンしています。

「からまるの独断では、今年のビジネス書大賞は、今年前半で見る限り、この『不格好経営』か西内啓さんの『統計学が最強の学問である』のどちらかで決まりかな」。

いやー来ましたね。4月25日に発表済みの通り、ビジネス書大賞2014は、西内さんの『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社)、そして総合順位2位は南場智子さんの『不格好経営』(日本経済新聞出版社)に決まりました。おめでとうございます! もちろん、からまるもこの2作品に投票しました(一人3作品まで投票できるのです)。

いつか投票するほうではなく、投票されるほうになりたいものですね。

明日からはゴールデンウィーク。からまるは連休最終日の6日から仕事に戻ります。そのままバタバタになる予定ですので、9日までこの日記はお休み。次回は12日に!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年5月 2日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「上阪徹のブックライター塾」の三回目は「目次作り」。」です。

次のブログ記事は「校了作業で一回休み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4