WOWOWドラマW「トクソウ」は最終回でした!

|
こんにちは、からまるです。

昨日6月8日、WOWOWさんのドラマW「トクソウ」最終回、見ていただけましたか?

司法記者文庫版.pngのサムネール画像
鬼塚副部長が東京地検特捜部から去った後、一回り成長した織田検事の姿が、じつに印象的だったのではないかと思います。演じた吉岡秀隆さんは、さすがに説得力がある演技で、素晴らしかったですね。悩み苦しむ自信なさげなそれまでの織田から、自分の手で特捜検察の捜査のあり方を変えていくんだという意思がはっきり伝わる織田へ、見事な変身ぶりでした。ひょっとして、あのラストシーンのために、それまでのシーンの積み重ねがあったのか、と思わせるほどでした。

じつは、あの後日談のストーリーは、原作である由良秀之さんの『司法記者』(講談社文庫)にはなかったもので、脚本家の鈴木智さんによるオリジナルなのです。原作の、逆に少し時間を遡ったラストシーンも、からまるはかなり気に入っているのですが、皆さんはどちらがお好きでしょう?

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年6月 9日 14:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「火急な用事につき三回休み」です。

次のブログ記事は「佐藤智恵さんが書いた『ハーバードビジネススクールの卒業式講演で「世界で最も影響力を持つ100人」の一人が語った「お金・理想・リーダーシップ」』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4