井上裕之さんの新刊『一流の死に方』の目次はこんな感じ。

|
こんにちは、からまるです。

井上裕之さんの新刊『一流の死に方』は、その死から逆算して、人はどう生きたら一流になれるのかを、歴史に残る著名人たちを対象に考えた本です。そのすさまじい一生はなぜ可能だったのか。目次はこんな感じです。

まえがき 一流の人たちが人生の最期に遺す残す大切なこと
1章 一流の人はなぜ、死ぬまで走り続けられるのか?
第2章 一流の人はなぜ、死ぬまで夢を追い続けられるのか?
第3章 一流の人はなぜ、死ぬまで困難に打ち勝てるのか?
第4章 一流の人はなぜ、死ぬまで多くの人に愛されるのか?
第5章 一流の人はなぜ、死後も輝き続けるのか?
第6章 一流の人はなぜ、死ぬまでチャレンジできるのか?
第7章 一流の人はなぜ、死ぬまで美しくふるまえるのか?
あとがき 一流になるのは、難しいことではない

登場する人物は全部で54人。どの人物を、どの章で扱うか。井上さんは制作スタッフを交えてずいぶん議論してきました。その結果、どうなったか。明日ご紹介しましょう。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年7月 9日 15:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「某極秘プロジェクト進まず!」です。

次のブログ記事は「「残念な死に方」をしたのは誰でしょう?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4