プレッシャー大歓迎で行こう!

|
こんにちは、からまるです。

昨日のエントリでご紹介した楠木建さんの『「好き嫌い」の経営』の最終章は、著者・楠木建に楠木建さんがインタビューをするという遊び心あふれる設定になっています。ここからも、からまるは元気をもらいました。

とくにブラック企業について触れたところ。ブラック企業といわれる会社にいる人が、もし総合商社に転職したら、「ブラックどころか即死でしょうね。少なくとも僕なら秒殺(笑)」。つまり、

「仕事がきついかどうかなどということは、そもそも良し悪しというよりその人の好き嫌いで決まることですね。『プレッシャーは大歓迎。そういうところでガンガンやるのが大好き!』という人がいるわけで」(p364)

ブラックかどうかの基準には給与水準も入っているわけで、高給で手当がいろいろあるという基準で見れば、総合商社をブラック企業とは呼ばないのでは?という疑問もあります。でも、全体の趣旨は、本当にその通りだと思いますよ。

ちょっと仕事がキツいな、と感じたタイミングでこの部分を読んだので、「よおーし。プレッシャー大歓迎で行こう!」と思えたのでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年8月26日 13:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「星野佳路さんのシビれる一言を楠木建さん『「好き嫌い」の経営』に発見!」です。

次のブログ記事は「軟便論争で送別会の夜は更ける。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4