トロントのクリケット・クラブのテラスにて。

|
こんにちは、からまるです。

昨日のエントリに続き、トロント出張記。昨日書いたように、ブライアン・オーサーさんの取材は午前中に小1時間を2回、夕方に2時間程度1回を行いました。午前中はスケートリンクを見下ろせる上階の部屋で、夕方はその他の場所で、たとえばクリケット場に面したレストランのテラスで行ったこともありました。

クリケット・クラブのレストランは、さすが超高級スポーツクラブだけあって、食事のメニューが豊富かつ美味しいのです。からまるもパスタ料理をいただきました。夕方となると、ワインを傾けつつの談笑の輪があちこちのテーブルにできて、なんとも気持ちいい空間を作り出します。余裕を感じさせます。このテラス席での取材では、オーサーさんに韓国のキム・ヨナ選手のことを長時間、語っていただいたのでした。今もあのときの音や匂いをまざまざと思い出せます。

トロントでの取材は4日間にわたりました。野口美恵さんの驚異的な大奮闘インタビュー構成で、たっぷりオーサーさんのお話を聞くことができました。また、「G2」17号で野口さんが書いておられるように、オーサーさんと羽生結弦選手の師弟対談も、この場で実現しました。

もちろん、これだけ膨大な取材は、野口さんが「G2」17号の記事を書くためだけに行われたわけではありません。その記事中にも書かれているように、オーサーさんの自著を製作するのがメインの目的だったのです。その情報は後日、改めてお知らせいたします。

          *          *

来週は、いっぺんに3冊ある10月刊行書目の校了作業が重なる、ものすごくハードワークな1週間となるため、この日記はお休みします。また10月6日に!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年9月26日 11:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トロント出張中の一日。」です。

次のブログ記事は「『一流の死に方』刊行記念の井上裕之さんトーク&サイン会@紀伊國屋書店札幌本店さんも大盛況!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4