オーサーさんと羽生選手の「奇跡のカット」が表紙写真に。

|
こんにちは、からまるです。

ブライアン・オーサーさんの『チーム・ブライアン』の表紙を昨日のエントリでご紹介しました。オーサーさんと羽生結弦選手のツーショット写真をメインにしています。この写真、じつはこの世にたった一枚しか存在しないのです。

撮影地は羽生選手が練習の本拠にするカナダのトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブのアイスリンク。『チーム・ブライアン』のために行われた、おふたりの対談のときに、本書の構成を務めてくれた野口美惠さんがご自分のカメラで撮影したものです。

じつはからまるは、羽生選手がトロント入りする数日前に帰国してしまったので、この場面に立ち会えなかったのです(今から振り返ると人生最大の痛恨事だったかも!)。本当はからまるがカメラマンを務めて撮影する計画で、新しくミラーレス一眼レフカメラを購入してトロントに持って行っていました。しかし、からまるが対談に同席できず、かといって対談のファシリテーター役の野口さんにじっくり撮影できる時間があるわけもなく、おふたりにリンクに立ってもらったものの、休憩時間中で巨大な整氷車が激しく動く回る、ものすごく限られた時間しかない中で撮影されたため、たった一度しかシャッターを切れなかったのだそうです。

そういう過酷な条件にしては、とてもいい写真が撮れました。オーサーさんの笑顔も、羽生選手の柔らかい表情も、じつにナチュラルで、他の人にも、他の場所でも撮れない写真。野口さんとからまるは、この写真を「奇跡のカット」と呼んでいます。

たった一枚しかないので、あれこれ写真を選ぶまでもなく、表紙写真はもう最初からこれに決まっていたのでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年11月18日 12:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブライアン・オーサーさん『チーム・ブライアン』の見本が届きました!」です。

次のブログ記事は「本日もう一ネタ! みんなの党ついに解党へ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4