グランプリファイナルで「チーム・ブライアン」ワンツーフィニッシュ!

|
こんにちは、からまるです。

日曜日に話題となったニュースのどっちから始めようかと思いましたが、やはりこっちですね。フィギュアスケートのグランプリファイナル男子シングルでは、羽生結弦選手が、あの中国杯での事故後、ますます輝きを増したかのような素晴らしい演技で優勝しました。ショートプログラム94.08点、フリースケーティング194.08点というとてつもない点数、2週間前のコンディションから見ると驚異的ですね。ブライアン・オーサーさんが、12月1日の出版記念記者会見で、

チーム・ブライアン帯付き.jpgのサムネール画像のサムネール画像
「私は今晩カナダに帰国しますが、あと1週間で毎日なにをどのように練習するか、細かくメニューを書き出した紙が手元にあります。この内容を見たら、本人はいやがるだろうなあと思いますが(笑い)。これを結弦が緻密にこなしてくれれば、大丈夫、羽生結弦のあるべき姿になれるはずだ、と言ってあります」

と発言していました。羽生選手も自分を追い込んだと言っています。こうしたことが、オリンピックをまたいでのグランプリファイナル連覇という、素晴らしい結果を引き寄せたのだと思います。

そして、『チーム・ブライアン』のもうひとりの主人公、ハビエル・フェルナンデス選手が、ショートプログラムの5位からフリースケーティングで巻き返し総合2位となりました。「チーム・ブライアン」ワンツーフィニッシュの快挙。エキシビジョンで地元出身のフェルナンデス選手と羽生選手がふたりでリンクに立ち、フェルナンデス選手が日本語で「おめでとう、ユヅ」と声をかけていたのが印象的でした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年12月15日 21:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昨日・今日とバタバタで二回休み」です。

次のブログ記事は「衆議院選挙で渡辺喜美さん落選!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4