ブライアン・オーサーさん『チーム・ブライアン』の感想をご紹介します!

|
こんにちは、からまるです。

先日のエントリで書いたように、今日明日は、購読された皆さんから毎日たくさん送っていただくブライアン・オーサーさん『チーム・ブライアン』の愛読者カードから、いくつか感想をご紹介します。到着順です。

「ブライアン・オーサー様◎内容がとても充実していて、何回読んでも貴方の優しさ、賢さ、心の大きさ、奥深さがわかります。貴方はこれからもいろいろご苦労なさるでしょうが、貴方についていけば羽生選手も安心です」(60歳・女性)

「この本を読んだのがちょうど羽生選手が他選手との衝突でケガをしてしまった直後だったので、涙が止まりませんでした。次のオリンピックもチーム・ブライアンと力を合わせて金メダルを取ってほしいです」(25歳・女性)

「羽生選手やハビエル選手への思いがとても伝わってきました。この本の内容は、スケートだけでなく子育てにも通じることがたくさんあるように感じました」(48歳・女性)

「私はささやかな英語塾で個人の大学受験指導をしております。日頃から「精神面でのバックアップ(全面的な)こそ、鍵となる」と思っておりましたので、彼の一言一言が本当に身にしみました」(65歳・女性)

「それぞれの分野のテクノロジストがチーム制でアスリートを育成するという、スポーツ界ではまだまだ珍しい体制で運営するクリケット・クラブ素晴らしいです。また、アスリートとしてだけでなく、人としての成長も視野に入れて選手に愛情を注ぐオーサー・コーチの人柄に感銘を受けました」(50歳・女性)

「2回読みました。買ってすぐ、羽生さん目当てで。ブライアンの目に映る羽生さん&フェルナンデスさんがイキイキとしていて、とても楽しかった。人を育てるには的な話も凄いな、と思いはしましたが、それ止まりで。そして、中国杯・NHK杯の後、、、今になって読み返しました。そうすると、ブライアンが本の中で語っていた今シーズンは羽生さんにとってどういう年なのかということが2回目にしてハッキリわかり、認識できて、凄く安心しました」(34歳・女性)

皆さん、本当にどうもありがとうございました<(_ _)>

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年12月25日 18:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「郷原信郎さん×森炎さん『虚構の法治国家』の表紙はこんな感じ!」です。

次のブログ記事は「ブライアン・オーサーさん『チーム・ブライアン』の感想ご紹介第二回。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4