ブライアン・オーサーさん『チーム・ブライアン』の感想ご紹介第二回。

|
こんにちは、からまるです。

昨日に続き、ブライアン・オーサーさん『チーム・ブライアン』の愛読者カードにお書きいただいた感想を、いくつか到着順にご紹介します。

「この本は多くの人に読んでもらいたい。フィギュアスケートのファンや羽生選手のファンはもちろん、浅田選手ファンやブライアン・オーサー・コーチを好きになれない人にも」(43歳・女性)

「ピーキングって、なるほどと思いました。外国人の考え方って、いいところがいっぱいあって、ブライアンを信じて行った羽生君も、日本人を受け容れたブライアンも...感動しました!」(65歳・女性)

「この本には「プロ中のプロ」の仕事が記されていました。ご自身の経験を生かし、各選手の個性を尊重した指導。選手本人の才能・努力だけでなく、育てて下さった方々とチーム・ブライアンの協同作品としての演技と知りました。羽生選手が「将来、ブライアンのようなコーチになりたい」と言うのがよくわかりました」(?歳・女性)

「キム・ヨナさんのところは涙なくして読めませんでした。栄光の影には必ず努力や苦労があるとはわかっていながらも改めて人と人のつながりの大切さを感じさせてもらえた本でした」(?歳・女性)

「羽生選手はもはや特別な存在。彼の強さは本人の才能と努力はもちろんのこと、チーム・ブライアンの存在です。コーチの指導、人間性が素晴らしい。羽生選手は日本の、いや世界の宝ですね。こんなすごいアスリートに出会えて本当に幸せです」(68歳・男性)

「この本は一気に読んでしまい、感動しながらも、人間の出会いは人生に大きな影響をもたらすものだと考えさせられました」(66歳・女性)

皆さん、どうもありがとうございました<(_ _)>

          *          *

からまるは今日で仕事納めです。皆さん、よいお年を!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2014年12月26日 14:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブライアン・オーサーさん『チーム・ブライアン』の感想をご紹介します!」です。

次のブログ記事は「「次」ではなく「別」。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4