佐藤優さんが『虚構の法治国家』を「週刊ダイヤモンド」の連載で取り上げてくださいました!

|
こんにちは、からまるです。

虚構の法治国家.jpg
郷原信郎さんと森炎さんの『虚構の法治国家』の短評を、佐藤優さんが今日発売の「週刊ダイヤモンド」1月24日号の連載「知を磨く読書」欄で書いてくださいました。どうもありがとうございます<(_ _)>

有罪率99.9パーセントという現実の上にある「(裁判官は)たとえ一切の権力的思惑を離れて純粋に白紙の姿勢で臨んだとしても、1000件のうち999件は有罪判決を書くことになる」という元裁判官の森炎さんの発言を引用して、

「このような現実では、無罪判決を書いた場合、裁判官が負うリスクが高くなり過ぎる。冤罪を生み出すのは刑事司法の構造にある」

と書いておられます。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年1月19日 18:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日バタバタ一回休み」です。

次のブログ記事は「イスラム国が日本人殺害警告。改めて「グローバル・ジハード」を知るために。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4