イスラム国が日本人殺害警告。改めて「グローバル・ジハード」を知るために。

|
こんにちは、からまるです。

215154-2.gifのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
昨日はバタバタしすぎていて、日記を書くのをまったく失念してしまいました! すみませんです<(_ _)>

イスラム国が、拘束していた二人の日本人を、もし日本政府が身代金として2億ドルを支払わなければ殺害すると伝える映像を配信したと、昨日から報じられています。日本もイスラム国の過激主義と無縁で国際社会に生きることはできないという当たり前の事実が、改めてこうして突きつけられたように思います。

からまるは2008年12月に、当時、国際テロ対策に当たっておられた警察庁キャリア官僚の松本光弘さんの『グローバル・ジハード』という本を出しました。主にアルカイダについて分析された本で、今月、パリの週刊紙発行会社を襲った事件で犯行声明を出した「アラビア半島のアルカイダ」のことに触れています。イスラム原理主義の源流や、過激主義が台頭するプロセスなどが描かれていて、参考になるかと思います。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年1月21日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「佐藤優さんが『虚構の法治国家』を「週刊ダイヤモンド」の連載で取り上げてくださいました!」です。

次のブログ記事は「本日もう一ネタ! ブライアン・オーサーさん『チーム・ブライアン』の書評が雑誌「number」に!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4