本日もう一ネタ! ブライアン・オーサーさん『チーム・ブライアン』の書評が雑誌「number」に!

|
昨日書き忘れてしまったので、本当は昨日書くはずだったネタを。ブライアン・オーサーさん『チーム・ブライアン』の書評が、いま出ている「Number」869号の「新刊ワンショット時評」に載っています。

タイトルは「教えるという行為に悩む人へ。~羽生結弦と『チーム・ブライアン』~」。書いてくださったのは幅允孝さんです。「ちょっと謙虚すぎやしないかい、ブライアン・オーサーよ」という書き出しがとても印象的でした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年1月21日 15:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イスラム国が日本人殺害警告。改めて「グローバル・ジハード」を知るために。」です。

次のブログ記事は「小宮一慶さんの『一流になる力』が「中経の文庫」から『一流に変わる仕事力』として再登場。 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4