ドイツ・フランス・ウクライナ連合対プーチンの構図は本当に正しいのか? 馬渕睦夫さん『世界を操る支配者の正体』。

|
世界を操る支配者.jpg
こんにちは、からまるです。

昨年10月17日刊行の馬渕睦夫さん『世界を操る支配者の正体』は引き続き、よく売れています。アマゾンではしばらく品切れ状態が続いています。ご迷惑をおかけしていて、申し訳ありません<(_ _)>

本書で馬渕さんが借り物でない分析をされているウクライナ情勢が、再び混沌としてきました。4ヵ国による和平協議で、ドイツ・フランス・ウクライナ連合対プーチンのように報道される構図は本当に正しいのか?

この本で目からウロコを落としてもらえるのではないかと思います。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年2月19日 14:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京は今日も書店トークイベントが目白押し! イベントが一括検索できる待望のウェブサイトがついにできたようです。」です。

次のブログ記事は「石塚健司さん『四〇〇万企業が哭いている』の主人公、佐藤真言さんが出所!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4