口悪後輩、宴席マナーでツッコミ!

|
こんにちは、からまるです。

ビールの美味しい季節になりましたね! と思っていたら、先輩を先輩とも思わず高飛車に批判するくせに奢らせることだけには長けている口悪後輩からビールを飲みたいと連絡が来ました。まあ仕方ない、行きますか。

「先輩、相変わらず酒ばっかり呑んでてヒマそうでいいっすね。こっちは徹夜続きっすよ。ビール奢ってもらわないと不公平っす」

「はいはい、ヒマに見えるけれど飲み会も仕事なの。しかし、このあいだはちょっとまずいことしちゃったな。ダブルブッキングになってしまったから、宴会が始まって1時間半後に駆けつけたんだけど、印象悪かったみたいでさ」

「なんすか、それ」

「だから、会社の公式行事みたいな宴会があったわけよ。全員出席が当然という感じなんだけど、日程が決まったのが2週間前なんだよ。でもその日はずっと前から予定していて、お金も結構払っている用事があったんだよね。でも宴会を欠席するわけにはいかないから、その用事が半分済んだところで駆けつけて、宴会には最後までいたんだけどね」

口悪後輩はここでドン!とビールジョッキをテーブルに置き、右手を腰に当てます。うっ、イヤな予感。

「先輩って何年サラリーマンやってるんすか。逆ですよ、逆。会社の宴会にはスタートから出て、みんなの挨拶を聞いて、乾杯した後に、その用事に遅れて向かうのがサラリーマンの常識っすよ。宴会の最初に顔を出しているのが肝心なんっす。あとはだんだん酔っ払ってくるから誰かいなくても気にしないし、逆に酔っ払ってきている頃に来ても気づかれないんすから」

「え、そういうもの?」

「そうっすよ、まったくダメダメっすね」

と言うのですが、そういうものなのでしょうか。口悪後輩にまで指摘されるなど、どうもからまるは宴席マナーにうといようです。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年6月 4日 17:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「巨額の黒いカネを扱う大物が上客となる銀行の本当の役割とは?」です。

次のブログ記事は「「+α新書」第一作目も進行中!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4