『私はかつてTOEIC300点だった 岩田式英語勉強法』スピンオフ企画、TOEIC公開テスト記念受験の結果発表!

|
こんにちは、からまるです。

岩田式英語勉強法.jpg
岩田松雄さんの『私はかつてTOEIC300点だった 岩田式英語勉強法』スピンオフ(自虐)企画として、5月19日のエントリで書いたTOEIC第200回公開テスト記念受験の結果が、本日、ウェブで発表されました。

何しろ初めてですからねー。テストと名前が付くものさえものすごく久しぶりですから、その採点結果を知る瞬間は、まるで中学1年生の1学期に初めて中間テストが採点されて帰ってきたときのような、初めての高校受験模試で自分の偏差値が判定されて帰ってきたときのような、あるいは大学受験の全国模試で自分の志望大学の合格率が判定されて帰ってきたときのような、甘酸っぱくも懐かしい胸のときめきを感じたのでした。「点数」がつかない仕事についているし(勤務評定は点数ですが)、「資格」に無縁の職業なので受験というものがないことも、その甘酸っぱい頃以来の胸のときめきを感じさせた原因かもしれません。

はい、ごまかしごまかし長々と書いてきましたが、まあまあ予想通りの出来で、英語の道は遠いものだと実感いたしました。リスニングとリーディングの問題が出ること以外にはまったく事前の知識なく、素手で受けたのですから(そもそもそんなに時間が足りないテストだとは思わず最後までいかなかった!)、とおおいに言い訳して、記念受験に終わらせず、次も受けようと思いました(TOEICはうまいですね、ウェブ発表の翌日までを次々回公開テスト申し込みの締め切り日に設定しているのです。結果が悔しければ、ついポチッと申し込みますよね。からまるはもっと後に申し込む予定です)。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年6月15日 20:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サッカー日本代表戦で宇佐美貴史選手の覚醒っぷりに目を見張らされる!」です。

次のブログ記事は「菅義偉官房長官の9年前の言葉「新聞記事で信用するのはお悔やみ欄だけ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4