緊急出版2点を含み、8月と9月で5点刊行という無謀な計画。

|
こんにちは、からまるです。

明日から来週末にかけて〆切ラッシュが続きます。なんといっても大変なことになりそうなのは、8月下旬に2つの緊急出版を予定していることです。しかもこの2つ、進行スケジュールが1日違いで重なっていて、入稿から下版(印刷所が実際に印刷する版を完成させる)まで2週間という強行スケジュールです。「え、そんな...」と、すでに校閲担当者の人たちからは悲しげな声が上がっていますし、販売担当者は「まあ、本当にできてから考えましょうか」と半信半疑です。からまるにとっても、そんな強行スケジュールで2冊同時に進めるなんて、未知の領域です。

そのうち1冊のテーマは国際経済です。この日記を読んでくださる方なら、どうしてからまるがギリシャ危機についてくどくど書いてきたのか、合点していただける企画です。

もう1冊はスポーツ関連です。これも、この日記を読んでくださる方なら、どうしてからまるが脈絡なくサッカーのことを書いているのか、合点していただける企画です。

それ以外にも、初の+α新書担当作となる企画を8月に、初の通常の翻訳書担当作となる企画を9月に出します。それらの校了作業が切れ目なく続きます。昨日までお伝えした通り、山本作兵衛さんの『画文集 炭鉱に生きる』の文庫化もあるので、それもカウントすると、8月と9月で5点刊行する計画です。

無謀です。きついです。しかし読者の方々が待っておられるはず。頑張り抜くしかありません。

このような事情で、明日から2週間、この日記をお休みし、7月31日に再開します。というわけで、その日まで!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年7月16日 15:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明治時代の炭鉱では女性も男に負けず働いた。」です。

次のブログ記事は「再開をさらに延期します」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4