松本光弘さんの『イスラム聖戦テロの脅威』がアマゾンの「中東のエリアスタディ」ジャンルで1位!

|
こんにちは、からまるです。

松本光弘さんの『イスラム聖戦テロの脅威 日本はジハード主義と闘えるのか(+α新書)がアマゾンの「中東のエリアスタディ」という部門で1位になっています。

この部門のランキングはたいてい、池内恵さんの『イスラーム国の衝撃』(文春新書)か、『イスラム聖戦テロの脅威』に書評を引用させていただいた高橋和夫さんの一連の著作が1位ですから、中東専門家以外の人が書いた本がランクインするのは珍しいことかもしれません。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年8月27日 16:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トマ・ピケティほかフランス人はなぜ、ギリシャに強い愛着を持つのか?」です。

次のブログ記事は「竹森俊平さん『欧州統合、ギリシャに死す』、本日発売!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4