齋藤孝さん『いつも余裕で結果を出す人の複線思考術』で初めて「ブックライター」の名称を使う&実際にノートに書いた図表原稿。

|

こんにちは、からまるです。

齋藤孝さんの『いつも余裕で結果を出す人の複線思考術』は、聞き書きによって作られています。構成とライティングを担当したのは、講談社で行ってきた「上阪徹のブックライター塾」2期生の梅田梓さんです。齋藤さんがあとがきに謝辞として「ライターの梅田梓さん」と書いてくださったのを、「ブックライター」にさせていただきました。からまる担当作で初めて「ブックライター」という名称を使った本となりました。

その梅田さんといっしょに齋藤さんとの打ち合わせに何度か臨んだわけですが、とても勉強になりました。的確な言葉遣いに、的確な指示。編集技術的なことまで学ばせていただきました。たとえば、本書は各章最後に、その章の「まとめ」を箇条書きにしています。これ自体はよく行われる編集ですが、それを「セルフチェックシート」という名称にして、ノートに書き取ったようなビジュアルにし、チェックボックスを付したのは、丸ごと齋藤さんのアイデアなのです。

これだけ整理ノート生原稿なるほどと思い、本文中にも項目のまとめ「これだけ整理ノート」というのを作り、からまるは写真のように、本当に大学ノートに一つひとつ書いて、それをまたテキストに起こして、いっしょにデザイナーさんに渡し、図表を作成してもらいました。文字はド下手でお恥ずかしい限りですが、べつに殴り書きをしたわけではなく、先生の話を聞きながらノートを取る感覚で書いたものです。

全部で17点。「図の原稿作成」という作業と考えれば二度手間もいいところ。「そんなことで何が違うんだ」と言われそうですが、機械的にテキスト打ちするだけよりずっと実感がこもっている気がします。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年11月27日 22:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「強い自分が手に入る、齋藤孝さんの新刊『いつも余裕で結果を出す人の複線思考術』は昨日発売!」です。

次のブログ記事は「322点!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4