本日もう一ネタ! エルヴェ・ファルチャーニさん『世界の権力者が寵愛した銀行』の書評が朝日新聞に掲載!

|

世界の権力者が寵愛した銀行先週のエントリで予告した通り、9月9日に刊行したエルヴェ・ファルチャーニさん著、橘玲さん監修『世界の権力者が寵愛した銀行 タックスヘイブンの秘密を暴露した行員の告白』の書評が11月22日付け朝日新聞に掲載されました!

書いていただいたのは、京都大学教授の諸富徹さんです。書き出しがいいんですよ。

「『事実は小説より奇なり』とは、まさに本書のことを指すのか」

決まりましたねー! どうもありがとうございます。朝日新聞書評効果は相変わらず大きく、この日はアマゾンのランキングが78位に急上昇しました。書評の最後はこう結ばれています。

「障がいをもつ娘を見つめながら彼は、『カネの価値ですべてを測り、強者が弱者を蹂躙するような現実の中で娘に育って欲しくない』と念じる。著者の思いは実現するのか。いまの彼の闘いは続く」

     *     *

明日は所用で休み、また明後日に!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年11月24日 17:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山口絵理子さんの想像力「あなたのやっていることは何につながっている?」」です。

次のブログ記事は「強い自分が手に入る、齋藤孝さんの新刊『いつも余裕で結果を出す人の複線思考術』は昨日発売!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4